キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
565
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント
CscTsWebDocs
Community Member

2013年1月2日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

スタック構成のデスクトップシリーズスイッチで、 マスタースイッチが変更され、それに伴いスタックの MAC Address が変更されると、SVI  に設定された shutdown が running-configuration から消える場合があり、結果として、意図しない SVI が UP  する場合があります。

この問題は CSCtn11259 として報告されております。

解決策

不具合の暫定回避策 :

以下の設定を行うと、マスタースイッチが変更された場合も MAC Address が変更されないため、この問題を回避する事ができます。

stack-mac persistent timer 0

改修版ソフトウェア :

CSCtn11259 の修正が適用されたソフトウェアの使用

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします:




推薦したいメンバーがいます