キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

テクノロジー オンラインイベントとウェビナー

水曜日, 9月 29, 2021
オンライン
(注)このイベントのスケジュールが現地時間で表示されない場合、こちら のリンクの 「個人設定>環境設定」 より適切なタイムゾーンを選択してください。      2019 年 10 月から オンラインセミナーの Webcast の名称が Community Live に変わりました。 ※下記ボタンのリンク先の登録ページにて登録フォームを記入し、 「送信 」 ボタンを押して登録してください。 ※オンラインセミナー開催後は、当ページにて資料と録画ビデオを公開します。        ネットワーク機器管理の自動化について [エキスパートスピーカー紹介]     飯山 克志 (Katsushi Iiyama) Top Out Human Capital 株式会社 CTO CCIE #2023 / CCDP / CCSI DevNet 500 / DevNet Specialist Cisco Champion 2019, 2020, 2021 https://www.topout.co.jp/   [日程]   2021 年 9 月 29 日(水) 午前 10 時から 11 時 30 分 [セッション概要] 日々の業務の中で、ネットワークやサーバなどの管理や監視を行っている方がいます。人間が一人で管理できる台数は意外と限られておりますが、会社からは作業効率を上げろ!自動化を導入しろ!なんて言われてることはないでしょうか。実は、Python を使うと、かなり解決できます。今回は、普段行っている業務をどのように自動化するのか、いくつかのサンプルなどをお見せしながら説明させて頂きます。これを機に学習を始めるキッカケになれば幸いです。 なお、本セッションでは主に Cisco Router や Catalyst、Webex を用いたネットワーク機器の自動化方法についてご紹介します。また、Python のイロハに関しては、時間の関係上説明を割愛させていただきます。予めご了承ください。 [アジェンダ] はじめに まずは、簡単な監視を Python で実施してみる 受け取ったパラメータシートを Python で処理してみる ネットワーク機器管理・監視を Python で実施してみる サーバ管理・監視を Python で実施してみる 担当者へ Python で通知してみる [対象] ネットワークやサーバの管理や監視を行っている方 Python の基礎知識をお持ちの方 [Community Live 視聴環境について]   初めて Community Live にご参加される際は、   登録後ご注意や視聴環境の事前設定   を必ずご確認ください。 [注意事項]   オンラインセミナーに参加する際のパスワードは以下をご使用下さい。 イベントパスワード:   CommunityLive  ※最初のCとLは大文字 事前登録後に送信されるメールに記載のリンクからログインできない、もしくはメールが届かないという場合は、こちらのリンクからご参加ください。
ラベル(2)
2019 年 10 月から オンラインセミナーの Webcast の名称が Community Live に変わりました。 ※オンラインセミナー開催後に資料と録画ビデオを公開予定です。 ※オンラインセミナー (Community Live) に参加するには、下の「今すぐ登録」ボタンを押して、リンク先から事前登録をしてください。 事前登録後に、参加方法の詳細やリマインダのメールが送付されます。         【トレノケート共催】回線切替じゃ不十分? 90 分で体感する DevNet で拡げるインフラ管理の可能性! 【生実演】QoS 最適化も Automate ~要素検証、導入ステップ~ [エキスパートスピーカー紹介]   吉田 聡志  (Satoshi Yoshida) トレノケート株式会社 Cisco 認定インストラクター CCSI #2021 DevNet 部門 [日程]   2021 年 12 月 8 日(水) 午前 10 時から 11 時 30 分 [セッション概要] ネットワーク管理を計画するうえで苦心する課題の一つとして、回線トラブル発生時に通信を維持するための冗長構成を設計することが挙げられます。幸いにして私たちネットワークエンジニアは、ダイナミック ルーティング プロトコルという簡潔にして明瞭な回答を持っています。OSPF や BGP による経路交換をルーター間で実行することで、回線トラブル発生時に自動的に通信経路を切り替えて IP 疎通を保つことは、ネットワーク管理の基本的なテクニックです。 しかし、IT サービス管理という観点からは、これだけではまだ十分であるとはいえません。回線トラブル発生時における IT サービスの品質を担保するために、私たちが考慮できることは他にも多数あります。 例えば、QoS はいかがでしょう。 回線が十全に使用できる正常時と、ルーティング プロトコルによって次点のベストパスとして選択された迂回経路を使用しているフェイルオーバー時を比べた際に、これらが同等の QoS ポリシーによって通信サービスを提供し続けることが企業ネットワークにとって最適であるとは限りません。回線トラブル発生時はそれに適したサービスレベルを想定してパケットの優先制御を計画することも、私たちは考慮するべきでしょう。 幸いにして、私たちネットワークエンジニアには、それを実現するためのDevNetという選択肢が用意されています。 ネットワーク管理の世界にプログラマビリティのエッセンスを加えることで、従来の手作業によるオペレーションを発展させて、オートメーションに基づいたより柔軟なITインフラ管理を実現することができます。 このセミナーでは、回線トラブル発生をトリガーにして多数のネットワークデバイスのconfigを自動構成する方法を、デモンストレーションを通してご紹介します。数あるオートメーション構成手段のうち、ネットワークエンジニアのみなさまにとって馴染みやすいであろう技術要素を組み合わせて、「障害検知」「インターフェイスのサービスポリシー(QoS)変更」「管理者へ通知」が実装できることを実感していただけます。 デモンストレーション内容(Topics): ・IT 業界で近年とみに人気を高めている Python というプログラム言語を利用して、 ・Linux や Git といった標準的なフレームワークを Cisco デバイスに導入できる guestshell をプラットフォームにして、 ・EEM や IP SLA、Track といった Cisco デバイスの一般的な機能を組み合わせることで障害を検知して Python スクリプトを起動して、 ・ふだんのネットワーク管理でお馴染みの running-config を、そのままの構造で直感的に操作できる RESTCONF で config 変更を実現して、 ・config 変更処理の完了を Webex Teams のチャット bot でネットワーク管理者にリアルタイムで通知する DevNet が私たちの世界をどのようにして拡げていくのか、その近未来を眺望できる 90 分間をご提供します。 [アジェンダ] - Cisco IOS XE で API を動かそう (RESTCONF、Postman) - Cisco ルータ を Linux にしよう (GuestShell、Python) - GuestShell に便利ツールをインストールしよう (requests、Git) - 回線障害時に Python スクリプトを起動しよう (EEM、IP SLA、Track) - チャット bot で管理者に通知しよう (Webex Teams API) 今回のセミナーで採用する技術要素はいずれも無料で使用することができるものです。Cisco IOS XE デバイスをお手元にご用意いただくことで、追加の費用を見積もることなく、セミナー内容と同等の自動化を自由に検証することができます。 事前に以下の過去セミナーを視聴いただくと当日の理解が深まるのでおすすめです! 「Web ベース API 基礎と Postman の使い方」 [Community Live 視聴環境について]   初めて Community Live にご参加される際は、   登録後ご注意や視聴環境の事前設定   を必ずご確認ください。 [注意事項]   オンラインセミナーに参加する際のパスワードは以下をご使用下さい。 イベントパスワード: CommunityLive ※最初のCとLは大文字 事前登録後に送信されるメールに記載のリンクからログインできない、もしくはメールが届かないという場合は、こちら のリンクからご参加ください。
ラベル(2)