キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
12938
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント
shokada
Cisco Employee
Cisco Employee

 

はじめに

vPC (virtual Port Channel)とは、2台のNexusでポートチャネルを構成する技術です。

これにより、対向機器からは論理的に1台のNexusとして見え、帯域の有効活用や耐障害性の向上など、様々なメリットがあります。

vpc basic_1.png

 

vPCはCatalystでお馴染みのStackやVSSと異なり、それぞれのNexusが独立して動作することが大きな特徴となっています。

vpc basic_2.png

 

vPCは、主に以下の要素から構成されます。

名前説明
vPC device

vPCを構成するNexus自体を示します。

vPC domain

vPCを構成するNexusのグループを示します。
グループはvPC domain IDで定義され、これはグループごとに一意である必要があります。

vPC peer-keepalive link

vPC device間の相互死活監視を行うI/Fです。
このI/Fを介して、それぞれのNexusIPレベルの疎通性が必要となります。

vPC peer link

vPC device間の情報同期や、実際のデータ通信に使用されます。

vPC member port

対抗機器に接続される、vPCの構成ポートです。

ポートチャネルではLACP, No protocol(mode on)がサポートされており、Layer 2 interfaceとしてのみ使用できます。

 

vpc basic_3.png

 

 

関連コンテンツ

Next : vPCの基本動作

Nexus スイッチ (NX-OS) : 設定例

 

 

参考情報

Configuration Guide : Configuring vPCs

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします: