キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
797
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント
meilsong
Cisco Employee
Cisco Employee

 

 

はじめに

PI 3.1 から ftp-user では、セキュリティ強化のためにディレクトリ一覧表示(ls)機能は使用できなくなりました。

 

PI FTP サービスの用途は、内部処理で実施されるファイル転送を主要な目的としているため、FTPユーザの利用者は転送するファイルを知っているはずであるという点から、FTP フォルダのリスト表示には制限がかけられました。

 

そのため、WinSCP 等クライアント端末を利用して、ftp プロトコルで PI のディレクトリ一覧を表示させようとする場合、

Permission denied.」とエラーが出て失敗します。こちらは異常ではありません。

 

             画像1.jpg

 

なお、get 等の ftp コマンドを利用して大量のファイル転送を行う場合、データが欠けてしまう場合がありますので、本ドキュメントでは、必要に応じてディレクトリ一覧表示(ls)機能を利用する方法を説明します。

 

 ※ 注意:仕様変更を伴うため、変更後の動作保証はできかねますので、もし設定変更後に何らかの不具合が発生する場合は、設定を元に戻してご確認ください。

 

  

設定方法

本設定は、PI3.1 以降のバージョンすべてで設定できます。

 

1. PI の CLI にログインして、/etc/vsftpd 配下に移動してから、ls コマンドで vsftpd.conf が表示されることを確認します。

 

admin# shell
 Enter shell access password :
 Starting bash shell ...
 ade # cd /etc/vsftpd
 ade # ls

 

2. vi コマンドを利用して、以下のように vsftpd.conf ファイルを編集します。

 

ade # sudo vi vsftpd.conf

キーボードの「i」キーを押して insert mode に変更してから、以下 2 箇所を編集します。
    
 ・dirlist_enable=NO      >>>>>NOをYESに変更。
 ・cmds_denied=DELE,RMD,LIST  >>>>>>>>DELE,RMD,LIST を DELE,RMDに変更。

 上記編集後、ESC キーを押して、「:wq」と入力して変更を保存します。

 

3. 以下のコマンドで vsftpd をリスタートします。

 

ade # sudo service vsftpd restart
Redirecting to /bin/systemctl restart vsftpd.service

 

4. 以下のように /localdisk/ftp ディレクトリ配下の一覧が表示できるようになります。

 

無題の画像3.png

 

 

参考情報

CSCvc89389 PI 3.1 :- FTP to PI 3.1 with user ftp-user not able to work with directory

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvc89389

 

Prime 3.1 FTP Server Directory Listing Denied

https://community.cisco.com/t5/network-management/prime-3-1-ftp-server-directory-listing-denied/td-p/2909403 

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします:




推薦したいメンバーがいます

シスコ コミュニティ VIP クラス(2023 年度)受賞者を発表します!

シスコ VIP で Hall of Fame の Scott Fella さんにお話を伺いました!