キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
告知

JTAC-Mid-Career-Recruitment-2021.3

 AMATopBanner2021.4.23.JPG

 2021Apr.TopBanner.JPG

 

[HyperFlex] Native snapshot に memory state を含める方法

321
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント
HyperFlexのvCenter plug-in から取得する Native snapshot ですが、vCenterから実行する 標準のsnapshotとは異なり、UIに memory state を含めるためのオプションがありません。
 
VMware標準 Snapshotメニュー
image.png
 
Native snapshot メニュー
image.png
 
<対策>
CLIで実行するNative snapshot にはオプションが含まれており、CLIでオプション指定して実行ください。
 
<Cisco HyperFlex Data Platform CLI Guide, 3.5>
[抜粋]
stcli vm snapshot [-h] {id ID | --name NAME | --folder-id FOLDER-ID | --folder-name FOLDER-NAME | --resourcepool-id RP-ID | --resourcepool-name RP-NAME} --snapshot SNAPSHOT [--desc DESC] [--memory | --quiesce]
 
以下は、testVM2-clone というVMの Native snapshot (NS-testVM2-clone) をメモリーステートを含め取得した際の出力例となります。
 
# stcli vm snapshot --snapshot NS-testVM2-clone --name testVM2-clone --memory

snapshot:

    type: virtmachinesnapshot

    id: snapshot-321

    name: NS-testVM2-clone

vm:

    type: virtmachine

    id: vm-313

    name: testVM2-clone