キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
1232
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント
ykanme
Cisco Employee
Cisco Employee

ARP と CEF のエントリが異なった場合、ASR9000 の実装で ARP エントリを保持する LC とその他の LC、RSP では

保持する CEF エントリに差分が発生します。

 

差分について、ARP エントリを保持する LC では ARP エントリが優先して CEF に登録され、その他の LC、 RSP に

おいては RIB エントリが優先して CEF に登録されます。

 

以下は ARP と CEF のエントリに差分を発生させる為の設定例と確認方法です。

 

インターフェースの所属する NP の確認

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9000#show controllers np ports all location 0/0/cpu0

 

                Node: 0/0/CPU0:

----------------------------------------------------------------

NP Bridge Fia                       Ports

-- ------ --- ---------------------------------------------------

0  0      0   GigabitEthernet0/0/0/10 - GigabitEthernet0/0/0/19

1  0      0   GigabitEthernet0/0/0/0 - GigabitEthernet0/0/0/9

2  1      0   TenGigE0/0/0/1

3  1      0   TenGigE0/0/0/0

 

 

Config 例

 

interface GigabitEthernet0/0/0/0

ipv4 address 192.168.1.2 255.255.255.0

 

interface TenGigE0/0/0/1

ipv4 address 192.168.6.2 255.255.255.0

 

router static

address-family ipv4 unicast

  192.168.1.1/32 192.168.6.1

 

 

IP Address の確認

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9000#show ipv4 interface brief

Interface                      IP-Address      Status                Protocol

GigabitEthernet0/0/0/0         192.168.1.2     Up                    Up

TenGigE0/0/0/1                 192.168.6.2     Up                    Up

 

 

ARP テーブルの確認

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9000#show arp location all

<snip>

-------------------------------------------------------------------------------

0/0/CPU0

-------------------------------------------------------------------------------

Address         Age        Hardware Addr   State      Type  Interface

192.168.1.1     02:41:15   4055.391e.b27e  Dynamic    ARPA  GigabitEthernet0/0/0/0

192.168.1.2     -          4055.391e.b40a  Interface  ARPA  GigabitEthernet0/0/0/0

192.168.6.1     01:13:32   4055.391e.b27d  Dynamic    ARPA  TenGigE0/0/0/1

192.168.6.2     -          4055.391e.b409  Interface  ARPA  TenGigE0/0/0/1

 

 

RIB エントリの確認

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9000#show route 192.168.1.1

Routing entry for 192.168.1.1/32

  Known via "static", distance 1, metric 0

  Installed Nov  8 14:37:37.229 for 03:08:45

  Routing Descriptor Blocks

    192.168.6.1

 

 

RSP と ARP エントリのある LC で CEF エントリの差分を確認

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9000#show cef 192.168.1.1 detail

<snip>

Hash OK Interface Address

0 Y TenGigE0/0/0/1 remote

 

RP/0/RSP0/CPU0:ASR9000#show cef 192.168.1.1 detail location 0/0/cpu0

<snip>

Hash OK Interface Address

0 Y GigabitEthernet0/0/0/0 192.168.1.1

 

 

上記状態で、ASR9000 から 192.168.1.1 宛てに自発 Ping する際、RSP からのパケットは CEF に従って LC0 に転送

され、CEF エントリの出力インターフェースの所属する NP に転送されます。

 

パケットが転送された NP は LC 上の CEF に従って処理しようとしますが、RSP の CEF エントリに従って転送された

インターフェースの所属する NP と、ARP エントリを元に作成された LC 上の CEF エントリに登録された出力

インターフェース が所属する NP と異なった場合、その NP では NEXT HOP がないことを理由にパケットが破棄されます。

※上記例の場合は、TenGigE0/0/0/0 が NP3 に所属し、GigabitEthernet0/0/0/0 が NP1 に所属している為。

 

NP のカウンターとしては "show controllers np counters" コマンドにて DROP_IPV4_NEXT_HOP_DOWN、

RESOLVE_EGRESS_DROP_CNT として破棄されたことが確認できます。

 

RSP の CEF エントリに従ってパケットが転送されたインターフェースが、LC 上の CEF エントリと同じ NP に所属する場合

は ARP エントリに従ったインターフェースからパケットが送信されます。

※上記例の場合は、GigabitEthernet0/0/0/0 と同じ NP1 に所属するインターフェース

(GigabitEthernet0/0/0/0 - GigabitEthernet0/0/0/9) にパケットが転送されていた場合はパケットは破棄されない。

 

上記内容は、ASR9000 における現在の実装上の動作となります。

 

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします