キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
807
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント
ykanme
Cisco Employee
Cisco Employee

CRS シリーズにおいて、disk をフォーマットする際、CRS-16-RP, CRS-16-RP-B, CRS-8-RPの場合は FAT16 もしくは FAT32 でしたが、CRS-8-PRP, CRS-16-PRP においては、QNX4でフォーマットする必要があります。

Boot disk を FAT でフォーマットした場合は、以下のメッセージが出力され起動に失敗するので注意してください。

Media storage device /disk0: is formatted as FAT32 when software expects it to be formatted as QNX4.
Please use device file system upgrade procedure to fix.

誤って FAT で format した場合は、format オプションを付きの Turboboot にて復旧してください。

Turboboot の設定例

Rommon1>IP_ADDRESS=<a.b.c.d>
Rommon2>IP_SUBNET_MASK=<mask>
Rommon3>TFTP_SERVER=<a.b.c.d>
Rommon4>DEFAULT_GATEWAY=<a.b.c.d>
Rommon5>unset BOOT
Rommon6>TURBOBOOT=on,disk0,format
Rommon7>sync
Rommon8>boot disk2:hfr-mini-px.vm-4.0.2

 

Turboboot of the Cisco CRS-PRP Route Processor
http://www.cisco.com/en/US/docs/routers/crs/software/crs_r4.0/migration/guide/prpmigration.html#wp1000743

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします