キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
10868
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント
Kenji Takahagi
Cisco Employee
Cisco Employee

 

 

はじめに

Link Aggregation Control Protocol (LACP)とは複数の物理的なポートを束ねてひとつの論理的チャネル(Port-channel)として扱うためのプロトコルのことです。IEEE 802.3ad に規定されています。

 

LACP による port-channel を形成する利点

複数の物理的なポートを束ねて、Port-channel として扱うことのメリットは
 
  1. 利用可能な帯域を増やすことができる
  2. port-channel を構成するポートがダウンしても、他のポートで転送を継続することができる
  3. spanning-tree を構成する場合、port-channel は 1 本のリンクとしてみなすため、そのリンクについてはループを気にする必要がない
などが挙げられます。
 
 

LACP のモード

LACPは、対向機器同士でLink Aggregation Control Protocol Data Unit (LACPDU) を交換することで、
ひとつのport-channel を形成します。そのため、機器単体の設定では動作せず、接続する
LACP には Active モード と Passive モードがあります。
 
Active モードはその機器から LACPDU のやり取りを開始します。
Passive モードは対向機器から LACPDU を受信した場合、そのやり取りを開始します。

 

設定例

switchport (Layer 2 のポート) としても、routed port(Layer 3 のポート)としても設定することができます。
 
設定例: switchport で trunk として port-channel を設定する場合
! グローバルコンフィグレーションモードで、機器で LACP を有効にします。

feature lacp

! port-channel を設定する予定の物理ポートのインターフェイスコンフィグレーションモードに入ります。

interface eth 1/1-2

! switchport と trunk を設定します。

switchport
switchport mode trunk

! port-channel として LACP を利用することを設定します。

channel-group 1 mode active

! 自動的に interface port-channel 1 が作成されます。
 
設定例: Routed port (Layer 3 のポート)として port-channel を設定する場合
! グローバルコンフィグレーションモードで、機器で LACP を有効にします。

feature lacp

! port-channel を設定する予定の物理ポートのインターフェイスコンフィグレーションモードに入ります。

interface eth 1/1-2

! switchport を無効化して、Layer 3 のポートとして動作するように設定します。

no switchport

! port-channel として LACP を利用することを設定します。

channel-group 1 mode active

! 自動的に interface port-channel 1 が作成されます。
 
port-channel を先に定義して、その後に物理ポートを紐づけすることも可能ですが、port-channel が switchport、物理ポートが routed port として動作していた場合、エラーが表示され設定できない場合があります。
 
 
switch(config)# int po 1
switch(config-if)# switchport
switch(config-if)# switchport mode trunk
switch(config-if)# int e 1/1
switch(config-if)# channel-group 1 mode active
command failed: port not compatible [Ethernet Layer]

 ** You can use force option to override the port's parameters
 ** (e.g. "channel-group X force")
 ** Use "show port-channel compatibility-parameters" to get more information on failure
 
エラーを解消するには、
  1. 物理ポートの属性を、channel-group を設定する前に、port-channel の属性と合わせるように設定しておく
  2. 物理ポート設定時に force オプションを利用する
 
2.の例を示します。
switch(config)# interface eth 1/1
switch(config-if)# channel-group 1 ?
  <CR>
  force  Forcefully add a port
  mode   Specify channeling mode

switchconfig-if)# channel-group 50 force ?
  <CR>
  mode   Specify channeling mode

switch(config-if)# channel-group 50 force mode active

 

 

正常性の確認

正常に LACP による port-channel が形成されたかどうかは、show port-channel summary で確認することができます。
表示された各ポートの後ろにある()内の表示が P となっていれば、正常に port-channel が形成されています。

 

# show port-channel summary
Flags: D - Down P - Up in port-channel (members)
I - Individual H - Hot-standby (LACP only)
s - Suspended r - Module-removed
S - Switched R - Routed
U - Up (port-channel)
p - Up in delay-lacp mode (member)
M - Not in use. Min-links not met
--------------------------------------------------------------------------------
Group Port- Type Protocol Member Ports
Channel
--------------------------------------------------------------------------------
1 Po1(SU) Eth LACP Eth1/1(P) Eth1/2(P)

 

 

関連コンテンツ

Nexus シリーズ : Nexus シリーズ : LACP Data Unit

Nexus シリーズ : Nexus シリーズ : LACP max-bundle と min-links

Nexus シリーズ : LACP suspend-individual

Nexus スイッチ (NX-OS) : 設定例

 

 

参考情報

Nexus 9000 の場合
Cisco Nexus 9000 Series NX-OS Interfaces Configuration Guide, Release 9.3(x)

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします