キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
414
閲覧回数
3
いいね!
0
コメント
Natsuki Takeshi
Cisco Employee
Cisco Employee



本記事では、Nexus Dashboard 及び ND 上で稼働する各アプリケーション(NI / NDFC / NDO)のバックアップ取得手順についてご紹介します。

 

1. Nexus Dashboard (例:version 3.0.1i)

Admin Console > Operations > Backup & Restore を選択し。Backup Jobs タブで "Backup Configuration"を選択します。

01.png

 

任意のパスフレーズとファイル名を入力し、"Download"を押下します。 

 

 

02.png

 

 

Backupの作成はそれほど時間は掛からず、すぐに完了します。
完了すると、自動的にローカルへダウンロードされます。

 

03.png

 

 

2-1. Nexus Dashboard Insights (例:version 6.2)

Insights を開き、右上の歯車マークから Application > Import/Export configuration を選択します。

04.png

 

 

右上の "New Import/Export" を選択します。

 

 

05.png

 

 

"Export" を選択し、"Start" を押します。実行にはそれほど時間は掛からず、すぐに完了します。
完了すると Status が Completed になり、右端の"..."から Download を選択し、バックアップファイルをダウンロードすることができます。

 

 

06.png

 

 

2-2. Nexus Dashboard Insights (例:version 6.3)

Insights の画面を開き、Admin > Configuration Import/Export を選択します。
右上の "Create Configuration Import/Export" をクリックします。

 

07.png

 

 

"Export" を選択し、"Start" を押します。時間は掛からず、すぐに完了します。
Status が Completed になったら"..."を押してバックアップファイルをダウンロードします。

 

 

08.png

 

 

3. Nexus Dashboard Fabric Controller (例:version 12.1.2e)

Fabric Controller の画面を開き、Operations > Backup & Restore を選択します。

 

09.png

 

 

右上の "Backup now" をクリックします。

 

 

10.png

 

 

Type から Config only(設定情報のみ) もしくは Full(完全バックアップ) を選択できます。

設定のみ(Config only):設定のみのバックアップの方が小さくなります。これにはインテント、依存データ、検出情報、ログイン情報、およびポリシーが含まれています。このバックアップからの復元には、機能するファブリック、スイッチの検出、予期される設定、およびその他の設定が含まれています。

 完全(Full):フルバックアップは大規模です。これには、現在のデータ、履歴データ、アラーム、ホスト情報、および設定のみのバックアップのすべてが含まれます。このバックアップからの復元には、機能的な履歴レポート、メトリックグラフ、およびすべての基本機能があります。

引用元:
https://www.cisco.com/c/ja_jp/td/docs/dcn/ndfc/1201/configuration/san-controller/cisco-ndfc-san-controller-configuration-guide-1201/backup-and-restore.pdf

 

ファイルのエクスポート方式は Local / SCP / SFTP から選択できます。
今回の例では、Local Download でバックアップファイルをエクスポートします。

 

 

11.png

 

 

Fullを選択した場合、バックアップが完了するまで数分要します。
Status が Success になったら Actions のダウンロードボタンを押してバックアップファイルをダウンロードします。

 

 

 

12.png

 

 

4. Nexus Dashboard Orchestrator (例:version 4.2.1d)

Orchestrator のバックアップを取得するには外部のSCP/SFTPサーバが必要になります。
SCP/SFTPサーバアプリは何を使用しても問題ありませんが、今回の例では無償利用可能なSCP/SFTPサーバアプリの Solarwinds を使用しています。

Solarwinds は以下のURLからダウンロード/インストールします。
https://www.solarwinds.com/ja/free-tools/free-sftp-server


Solarwinds を起動して、以下の2か所を設定します。
① Generalタブ > Root Directly でバックアップファイルを保存するパスを指定する(NDOから見てこのパスがRootになる)
② Usersタブ > New User から新しいユーザを作成

 

13.png

 

 

Orchestrator の画面を開き、Admin > Backup & Restore を選択します。
"Remote Location" タブを開き、右上の "Create Remote Location" を選択します。

 

 

14.png

 

 

以下の通り必要事項を設定します。
User/Password では Solarwinds で作成したユーザ情報を指定します。

 

 

15.png

 

 

"Backup & Restore" タブに移動し、"Create New Backup" を選択します。

 

 

16.png

 

 

任意のファイル名(記号使用不可)を設定し、Remote Location のプルダウンから先ほど作成した Remote Location を選択します。
バックアップの作成はすぐに完了します。SCP/SFTP サーバ側にバックアップファイルが作成されていることを確認します。
GUIからも、右端の"..."からローカルにダウンロードすることが可能です。

 

 

17.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします