キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel
60
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント
JapanTAC_CSC
Rising star
Rising star

2023年1月25日 (初版)

TAC SR Collection
主な問題

Local time 設定しているにも関わらず、ACI switch の syslog の timezone 表示が UTC+0000 となってしまいます。
(APIC の syslog では正しく表示されます)

Jan 24 05:42:25.398 UTC+0000 fab3-leaf3 %LOG_LOCAL0-6-SYSTEM_MSG [login,session][info][subj-[uni/userext/user-admin]/sess-442381632081] From-10.0.0.1-client-type-ssh-Success
原因

以下の不具合が原因の可能性があります。
CSCvz33172  Time zone info is always UTC+0000 for the syslog messages coming from switches

同不具合の該当バージョンでは、APIC に比べて Switch の持つ timezone 情報が少なく、Switch が持っていない timezone を選択してしまうと本事象が発生します。

解決策

Switch が持っている timezone は以下のように確認できます。

leaf# ls /usr/share/zoneinfo/*/*
/usr/share/zoneinfo/Africa/Cairo         /usr/share/zoneinfo/Asia/Dubai          /usr/share/zoneinfo/Etc/GMT+1   /usr/share/zoneinfo/Etc/GMT+8   /usr/share/zoneinfo/Etc/GMT-3      /usr/share/zoneinfo/Etc/UTC
----- snip ----

Timezone を Switch も持っているものに設定変更し、影響が出ている Switch を再起動すると、syslog に timezone 情報が反映されます。
恒久対策は上記不具合の修正バージョンへのアップグレードです。

備考
本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます>。
各製品の TAC SR Collection の一覧は、よくある質問と解決方法 (TAC SR Collection) から確認できます。

Getting Started

検索バーにキーワード、フレーズ、または質問を入力し、お探しのものを見つけましょう

シスコ コミュニティをいち早く使いこなしていただけるよう役立つリンクをまとめました。みなさんのジャーニーがより良いものとなるようお手伝いします:




推薦したいメンバーがいます